指定の投稿タイプに最初から指定のブロックを配置する

このレッスンの前に

このレッスンは以下のレッスンを理解している事を前提としています。

クライアントワークなどで最初から特定のブロックを配置しておきたい場合などあると思います。

その場合は以下のようなコードを書けば最初から配置する事ができます。

function my_add_default_template() {
	// 対象の投稿タイプを指定
	$post_type_object           = get_post_type_object( 'post' );
	// 挿入するブロックの情報
	$post_type_object->template = array(
		array(
			'core/heading',
			array(
				'level'       => 3,
				'className'   => '',
				'placeholder' => 'Heading 3',
			),
		),
		array(
			'core/paragraph',
			array(
				'className' => 'prologue-text',
				'textColor' => '',
				'content'   => '新規投稿時に最初から配置するテキストです。',
			),
		),
	);
}
add_action( 'init', 'my_add_default_template' );

Lightningなら

ビジネスサイトも





ブログも簡単に作れます

有効インストール数6万件以上!Lightning は WordPress公式ディレクトリに登録されているテーマです。いかに最短でサイト制作が出来るかという事に重点を置いて開発しています。デモデータも配布されているので、ビジネスサイトの雛形が数分でセットアップできます。

PAGE TOP