投稿一覧のカスタマイズ - カスタムフィールドの値を表示する

このレッスンの前に

このレッスンは以下のレッスンを理解している事を前提としています。

Lightning 特に G3 Pro Unit では投稿一覧の表示形式や表示要素などをカスタマイズ画面で細かく設定する事ができますが、その投稿一覧にカスタムフィールドの値を追加で表示したいケースがあると思います。

そういった場合は子テーマの functions.php などに以下のように指定すると表示する事ができます。

/**
 * 投稿一覧画面で表示する投稿情報にカスタムフィールドの値を追加する
 *
 * @param array  $options : 1件分の表示形式に関する設定配列.
 * @param object $post : 1件分の投稿情報.
 */
function my_vk_post_option_customize( $options, $post ) {

	// 表示したい投稿タイプを条件分岐で指定します.
	// ※その他必要に応じて $options や $post などの中身を元に条件分岐を追加してください.
	if ( 'chintai' === $post->post_type ) {

		/************************************
		 * カスタムフィールドの値など独自に表示したい要素を一旦 $insert_html に格納する.
		 */
		$insert_html = '';
		// 家賃の入力がある場合
		if ( $post->yachin ) {
			$insert_html .= '<p class="data-yachin"><span class="data-yachin-number">' . esc_html( $post->yachin ) . '</span>万円</p>';
		}
		$insert_html .= '<table class="table-sm mt-3">';
		$insert_html .= '<tr><th>管理費</th><td class="text-right">' . esc_html( $post->kanrihi ) . '円</td></tr>';
		$insert_html .= '<tr><th>礼金</th><td class="text-right">' . esc_html( $post->reikin ) . '円</td></tr>';
		$insert_html .= '<tr><th>築年数</th><td class="text-right">' . esc_html( $post->chikunen ) . '年</td></tr>';
		$insert_html .= '</table>';

		/************************************
		 * 投稿1件分の 最後に追加
		 * (最初に追加する場合は body_append の部分を body_prepend に変更 ).
		 */
		$options['body_append'] .= $insert_html;
	}

	return $options;
}
add_filter( 'vk_post_options', 'my_vk_post_option_customize', 10, 2 );

Lightningなら

ビジネスサイトも





ブログも簡単に作れます

有効インストール数6万件以上!Lightning は WordPress公式ディレクトリに登録されているテーマです。いかに最短でサイト制作が出来るかという事に重点を置いて開発しています。デモデータも配布されているので、ビジネスサイトの雛形が数分でセットアップできます。

PAGE TOP