カスタマイズの準備 2 : Lightningカスタマイズ用の独自プラグインの準備

このレッスンについて

子テーマではなく、カスタマイズ用の独自のプラグインを利用する方法について解説します。

先のレッスンでは子テーマを使ってカスタマイズする例を見てみました。

今回はプラグインからカスタマイズする方法について解説します。

プラグインを作るのは簡単

多くの人が使う汎用プラグインはさておき、自分だけが使うのであればプラグインを作るの実はとても簡単です。

例えば my-test-plugin.php という名前のファイルを作って、以下の内容を入力して、/wp-content/plugins/ のディレクトリに置いてみてください。プラグイン一覧画面に表示され有効化する事ができます。

<?php
/**
 * Plugin Name:     My Test Plugin
 */

ここにそのまま PHP のコードを書けば動作します。

このサイトやブログなどで「子テーマのfunctions.phpなどにこのコードを貼り付けて〜」という内容は、こういったオリジナルのプラグインのphpファイルに記載しても基本的には同じ効果が得られます。便宜上「子テーマのfunctions.php」と記載しているだけです。

Lightning カスタマイズ用の独自プラグインのサンプル

先の手順でプラグインは自作する事ができますが、Lightning をカスタマイズする上で便利な設定済みの雛形プラグインを下記よりダウンロードする事ができます。

zipファイルをダウンロードして、プラグイン > 新規追加 からアップロードするか、 zipを解凍してFTPなどで /wp-content/plugins/ ディレクトリにアップロードすればすぐに使う事ができます。

簡単な使い方と動作確認

独自プラグインの lightning-customize-plugin.php に以下を書き足してみてください。

function my_ltg_add_entry_content( $content ) {
	// 表示を改変する投稿タイプの条件分岐.
	if ( 'post' === get_post_type() ) {
		// 本文の内容の最後に要素を追加.
		$content .= '<div>プラグインからカスタムフィールドなどの情報</div>';
	}
	// 本文の内容を返す.
	return $content;
}
add_filter( 'the_content', 'my_ltg_add_entry_content', 8 );

先のレッスンで子テーマで試した時と同じように投稿ページの本文末尾に <div>プラグインからカスタムフィールドなどの情報</div> が追加で表示されます。

Lightningなら

ビジネスサイトも





ブログも簡単に作れます

有効インストール数6万件以上!Lightning は WordPress公式ディレクトリに登録されているテーマです。いかに最短でサイト制作が出来るかという事に重点を置いて開発しています。デモデータも配布されているので、ビジネスサイトの雛形が数分でセットアップできます。

PAGE TOP